「おじゃMAP!!」(10月5日放送)で、“大井川鉄道(正しくは、大井川鐡道)”の特集がありました。

SMAP・香取慎吾さんとザキヤマさん、髙島政宏さん、鉄道大好き芸人のななめ45°・岡安章介さんが大井川鉄道の人気の裏側に迫りました。


大井川鉄道は、年間66万人の乗車数を誇る人気の鉄道です。

昔ながら客車で、駅弁や絶景を楽しめます。

大井川鉄道は、SLが走っていることで有名です。

SLは、静岡県の新金谷駅から千頭駅までの全長約39Kmの大井川本線で走っています。


大井川鉄道でに関するお仕事を体験

今回、みんなでSLに関するお仕事を体験することになりました。

始めに、現役の運転士から指導を受けました。

最初の説明で、釜の圧力を上げるのに4時間かかることがわかりました。


SLが動く仕組みは?

SLは石炭を燃やして釜の温度を上げます。

1300℃にもなるそうです。

この熱で周りにある水が蒸発し、水蒸気が発生します。

この蒸気がシリンダーに送られ、ピストン運動を起こし、SLが動くのです。



出発までには、次のことをしなければなりません。

8:00 釜の火入れ 油さし

9:00 石炭入れ

11:52 出発
 

香取さんと髙島さんが、火入れに挑戦しました。

釜の火入れは、約70本のまきを入れるところから始まります。

いきなり石炭を入れても燃えないため、まずまきで火力をあげておくそうです。

釜の温度が1300℃以上に達するため、夏は部屋の温度が60℃にもなるといいます。

大変過酷な作業なのです。

まきを入れ終わると、軽油を染み込ませた布に火を付けて釜に入れます。

火が付くと、さらにまきを入れていきます。

これで火入れが完了です。


ザキヤマさんと岡安さんは、油さしに挑戦しました。

SLは、大きな車輪である6つの動輪と小さな車輪で可動しています。

これらを円滑に動かすためには、可動部分に油を注入しなければならないのです。

簡単そうに見えて、実はとてもたいへんなのです。

なぜかと言うと、油を注入するところが100箇所もあるためです。

1つでも漏らすと、熱を持ってしまって運転不能になってしまうといいます。

非常に重要な仕事なのです。


途中、ザキヤマさんにトラブルが発生しました。

かがんでの作業で、腰がグキッとなったのです。

一時的に離脱してしまいましたが、何とか油さしは終了しました。


次は、ついに石炭入れです。

200Kgの石炭を入れて、釜の温度を上げます。

前半は、香取さんと髙島さんが挑戦しました。

煙突から黒煙が出てくればOKです。


ここからは、車掌さんのお仕事を体験します。

まずは、ホームにお客さんが入って来たら、SLをバックに写真を撮ってあげるお手伝いをします。

出発前は、運転室に入って記念撮影してもよいです。


出発すると、車内アナウンスを行わなくてはなりません。

アナウンスは、3箇所の盛り上げスポットで行います。

1つ目は、出発時です。

香取さんが、アナウンスに挑戦しました。

2つ目は、タヌキの置物(38体)がたくさんあるポイントです。

ザキヤマさんが、アナウンスに挑戦しました。



最後は、全長270mある鉄橋のポイントです。

髙島さんが、アナウンスに挑戦しました。

3人とも、見事に車内を盛り上げました。



鉄橋を渡ると、“川根温泉 ふれあいの泉”があります。

源泉かけ流しの露天風呂を堪能できる温泉です。

何と、露天風呂からSLが見えるのです。

SLからも、お風呂に入っている人が手を振っているのがわかります。


スポンサーリンク

大井川鉄道の人気の撮影スポット

上で紹介したタヌキの置物や鉄橋のポイント以外にも、次のような人気のスポットはあります。

家入駅

高倉健さん主演の映画「鉄道員」の撮影場所になりました。



塩郷の吊り橋

この吊り橋は、民家の上を通る珍しい橋です。

SLの窓から見えます。




出発から1時間20分で、終点の千頭駅に到着しました。

この駅には、トーマス号の仲間“パーシー”と“ヒロ”、“ラスティ”などがいます。


最後に、SLの転車に行きました。

転車とは、SLの向きを180°方向を変えることです。

転車は、転車台を使って行うのですが、向きを変えるのは手動です。

66トンの重さがあるSLを4人で押して回すことに。

しかし、4人では回すことができず、1人助っ人に入ってもらって、何とか回すことができました。

手動で回しているとは思いもしませんでした。

 

最後は、大井川ふるさと弁当(1080円)を食べて、帰っていきました。

おいしそうですね。

 



 
千頭駅からは、さらに日本で唯一の電気機関車である、急勾配な山道を登るための列車に乗ることができます。

沿線には、願い事が叶うと言われている「夢の吊り橋」や秘境の「湖上駅」などがあります。


スポンサーリンク
おすすめの記事