放射能泉は、ラジウム泉と呼ばれます。

名前のとおり、放射性物質が含まれる温泉です。

もちろん、人体に害が及ぶことはありません。

無色透明・無味無臭なので、普通の湯と見た目は違いがありません。

しかし、ホルモンバランスを整えたり、細胞の活性化をサポートする効果があります。

そのため、さまざまな病気に効くので、療養目的で訪れる人が多いです。

「万病の湯」「痛風の湯」と言われることもあります。

温泉 泉質 効能
 

新旧泉質名では、次のとおり分類されます。

旧泉質名

放射能泉

新泉質名 
  • 単純弱放射能泉

  • 単純放射能泉

  • 含放射能泉

  • 含弱放射能泉

(Wikipediaより引用)

 

【期待できる効能】

痛風、高血圧、動脈硬化、糖尿病、循環器障害など


 

【主な温泉地】

登別温泉(北海道)、玉川温泉(秋田県)、増富温泉(山梨県)、五頭温泉(新潟県)、

湯の花温泉(京都府)、三朝温泉(鳥取県)、関金温泉(鳥取県)など

スポンサーリンク
おすすめの記事