硫酸塩泉は、「傷の湯」「中風の湯」「脳卒中の湯」と言われています。

マグネシウム、ナトリウム、カルシウムを多く含んでいることで知られています。

これらの成分がどれくらい含まれているかで、さらに分けられます。

  • 芒硝泉 ナトリウムを多く含むもの。便秘や胆道疾患に効果があります。
  • 石膏泉 カルシウムが多く含むもの。高血圧や動脈硬化の予防となります。
  • 正苦味泉 マグネシウムが多く含むもの。文字どおり苦い味がします。

無色透明でにおいもありません。

そのため、やや不人気のようです。

温泉 泉質 効能
 

新旧泉質名では、次のとおり分類されます。
旧泉質名

硫酸塩泉

  • 純硫酸塩泉

  • 正苦味泉

  • 芒硝泉

  • 石膏泉

  • 含食塩 - 芒硝泉

  • 含食塩 - 石膏泉

  • 含食塩 - 正苦味泉

新泉質名 

硫酸塩泉

  • 硫酸塩泉

  • マグネシウム - 硫酸塩泉

  • ナトリウム - 硫酸塩泉

  • カルシウム - 硫酸塩泉

  • ナトリウム - 硫酸塩・塩化物泉

  • カルシウム・ナトリウム - 硫酸塩・塩化物泉

  • マグネシウム・ナトリウム - 硫酸塩・塩化物泉

(Wikipediaより引用)

 

【期待できる効能】

慢性皮ふ病、切り傷、動脈硬化、高血圧、慢性関節性リウマチなど


 

【主な温泉地】

登別温泉(北海道)、山代温泉(石川県)、山中温泉(石川県)、粟津温泉(石川県)、 

玉造温泉(島根県)、別府温泉(大分県)など

スポンサーリンク
おすすめの記事