金沢21世紀美術館には、無料ゾーンがあります。

無料ゾーンとは、文字どおり無料で楽しめるゾーンのことです。

美術館で、無料で楽しめるというのは変な感じがします。

無料と言っても、バカにはできません。

無料ゾーンだけでも、十分に楽しめます。

ここでは、無料ゾーンの現代アートのいくつかをご紹介します。

スイミングプール

金沢21世紀美術館 スイミング・プール
写真提供:金沢市

金沢21世紀美術館 スイミング・プール
写真提供:金沢市

一見、何の変哲もないプールです。

よく見ると、プールの底を人が歩いています。

何とも不思議な作品です。

実は、プールの内部に人が入れる空間が作られているのです。

プールの内部から上を見上げると、揺らめく水面に光が差し込み、まるで本当に水中にいるかのような気持ちになります。

プールの上にいる人影を見ると、何か変な気分になります。

なお、プールの中は有料となっています。

作者 レアンドロ・エルリッヒ
アルゼンチン・ブエノスアイレス生まれ。
ユーモアな仕掛けで人間関係を解きほぐす作品を制作。

スポンサーリンク

ブルー・プラネット・スカイ

金沢21世紀美術館 ブルー・プラネット・スカイ


真四角な部屋の天井中央部が、真四角に切り取られています。

その開口部から空をを見上げることができ、陽の光が差し込みます。

その光が、朝から夜まで変化し続けます。

その日の天候や季節によっても、光は異なります。

ここでは、絶え間なく変化する光を体感することができます。

光や空も、作品の一部になっているのです。

作者 ジェームズ・タレル
アメリカ・ロサンゼルス生まれ。
光を体感する作品を制作。

カラー・アクティヴィティ・ハウス

カラー・アクティヴィティ・ハウス

 


色の三原色であるシアン、マゼンタ、イエローの3つの半円形のガラスの壁が渦巻状になった作品です。

見る場所によって、ガラスの重なり方や光の当たり方が異なるので、見える色が変わってきます。

日没から夜明けまでライトアップされ、本当にきれいです。

作者 オラファー・エリアソン
デンマーク・コペンハーゲン生まれ。
光や影などを取り込んだ作品を制作。

雲を測る男

雲を測る男


アメリカ映画「終身犯」をモデルとして造られました。

作品のタイトルは、主人公が劇中で言ったセリフ“雲でも測って過ごすさ”に由来しています。

作者 ヤン・ファーブル
ベルギー・アントワープ生まれ。

アリーナのためのクランクフェルト・ナンバー3

アリーナのためのクランクフェルト・ナンバー3

 


美術館の芝生には、12個のラッパが設置されています。

2つずつが地中でつながっています。

しかし、どことどこがつながっているのかはわかりません。

それを調べるのも楽しいです。

作者 フローリアン・クラール
ドイツ・シュトゥットガルト生まれ。
音を利用した立体作品を制作。

無機質なシルバーチェア

無機質なシルバーチェア


美術館には、いろいろなチェアがあります。

無機質なシルバーチェアは、その中に1つで屋外にある変わったチェアです。

作者 SANAA(サナア)
妹島和世と西沢立衛による建築家ユニット名です。


「金沢21世紀美術館」のトップに戻る

スポンサーリンク
おすすめの記事